【私のヤバい姪】

【私のヤバい姪】

いきなりですが、

 

 

私には鬼畜な姪3人がいるのはご存知の方も多いかと思います。

 

長女らん(12歳):

5歳の時に「らんはパパと結婚する。だって、保育所のみんな働いてないもん。結局、働いてる人が一番えらい。」

と、好きな子がいるのかと質問した際に驚きの答えを出した姪。

 

次女りん(9歳):

2歳の時に階段からジャンプし、思いっきり足をぶつけながらも、

「痛い〜!痛い〜!

でも、、自分が悪い!」

 

と2歳ですでに自分を客観視できた優等生な姪。

 

 

そして、今日は末っ子れんに触れて行こうと思う。

 

 

彼女は生まれた時から外国人のような顔をしていて叔母の私もうっとりするほどの美しさである。

 

 

そんな彼女、前々から様子がおかしい。

 

 

ママと保育所の帰りに、

 

レン「2人の男の子が、レンのこと好きみたい。」

 

ママ「へぇ〜!すごいやん!」

 

レン「全然すごくないよ。◯◯ちゃんなんかいっぱいの男にモテてる。

 

あ〜なんか◯◯ちゃんのこと嫌になってきた!

 

レンちゃんな、男に1番好きって言われるためにヒラヒラしてる可愛い服を選んでるねん。」

 

 

!!!!!

 

 

5歳ですでに男目線で服選びしていたことを知り、

姉は開いた口が塞がらなかったんだとか。

 

 

すでに「女」を完全に出し切っている彼女。

 

 

そんな彼女の最近のおままごとが常軌を逸しているらしい。

 

 

 

 

 

テーマ:お産

 

 

 

 

!!!!!

 

きょ、恐怖!!!!

 

 

 

1枚目の写真をよく見ると、

左上に産婆さんであろう人の手さえ見える。

 

2枚目には、母子同室の情景まで描かれている。

 

お産なんかされたことしかないくせになんでこんな忠実に再現できるん?

 

 

東京と大阪で離れて、

 

しばらく会わない間に彼女は一体どうなってしまっているんだろう。

 

 

今後も、あの姪たちから目が離せない。

 

 

でもやっぱりめっちゃ可愛い。

【7年目のDance for Tune】

【7年目のDance for Tune】

東京に住む私に、

1本の電話がかかってきた。

 

 

「今年もやろう、チャリティ。」

 

親友からの電話だった。

毎年春に開催していたイベントだったが、

私の出産、上京が重なり、

今年の開催は正直難しいのかな、と感じていた矢先だった。

 

 

メンバーの翔子が、

 

「このイベントは続けたい」

 

と言ってくれた。

 

いつもは半年かけて準備をするけど、今回はたった2ヶ月しかなかった。

 

 

メンバーはたった5人だけどそれからみんな合間を縫ってものすごいスピードで準備を進めてくれた。

 

 

今回は、出演者の方々から「参加費」をいただくことで経費を除く全ての額、当日の来場者の方からの募金、サポート店舗での募金箱設置の全ての額を福島県に送ることに。

 

 

正直、踊っていただく方から参加費を頂戴するなんて、

申し訳ないやら、ダンサーさんが集まるのかやら不安があった。

 

 

 

ところがどっこい、

 

日に日にどんどん出演者が増え、

 

当日はなんと40組近くの出演者が集まった。

 

 

メンバーのゆきえ、翔子が本当に駆け回ってお願いしてくれたに違いない。

 

無理なお願いをしているにもかかわらず、

こんなメッセージが添えられていることさえあった。

「一人ひとりは微力でも集まれば馬力になる」

 

 

ずっとずっとそう信じて、

そして実現してきた

ダンスチャリティーイベント

“Dance for Tune”

 

今年で7年目。

 

東日本大震災の翌日から団体を立ち上げて続けてきた復興地支援。

 

 

大好きな人たちと、

大好きなダンスや歌を楽しみ、

防災クイズで楽しく学び、

景品に福島県の特産品を選び、

イベントに参加することで支援になり、

自分が踊ることが遠く離れた誰かの笑顔につながればいいな。

 

そういう思いに賛同してくださった方々のおかげで今年も大盛況でした。

 

 

その中でも、

イベント第1回目からサポートしていただいている

世界的ダンサー、

3Dcrew Ackyさんもエキシビジョンバトルを開催してくださいました。

 

 

6年前の春、

チャリティイベントのことなんて右も左もわからず、

がむしゃらに準備していたところ、

 

噂を聞きつけ、Ackyさんがきてくれた。

 

 

「僕に、何かさせてください!」

 

と、こんなどこの馬の骨かわからない女に頭を下げてまで協力してくれた。

 

 

その時と同じ笑顔で、

 

「ジャッジムーヴ?やろっか!」

 

と、まさかの当日、

ACKYさんのジャッジムーヴが見れることになった。

 

 

確信した。

 

 

ホンモノは気さく、ニセモノは天狗。

 

 

昨日出会った全ての人々は、間違いなく気さくな人ばかりだった。

 

最高のパフォーマンスやご協力いただいた全ての方々のおかげで、

 

¥407,377(2017/11/24現在)

 

も集まりました!!!

 

 

経費を除く全ての額を福島生活協同組合「蓬莱わいわいクラブ」さんに送金を予定しています。

 

詳細は後日、お知らせいたします。

 

 

こちらの団体は、

様々な事情で食事を満足に食べられない子供達に支援している団体です。

 

昨日、舞台や会場で起こった全てのことが

福島の子供達の明日に繋がりますように。

 

 

何度やっても反省点ばかりで、

 

いつも自分自身を「中途半端だな」って自己嫌悪やけど、

 

そんな時は、母が以前に言ってくれた、

 

「中途半端と感じるのはいろんなことを

 

高い志を持ってやろうとしてるから。

 

だから、私はあなたの中途半端を全力で応援する!」

 

 

これを思い出す。

 

 

自分は中途半端でも、

はまらないピースをおぎなてくれる仲間が私にはいる。

 

しかも、ものすごい数の仲間。

 

 

そんな素晴らしい仲間とこれからも、

 

自分たちができる支援を自分たちがしたい形で

 

できないことはみんなで補い合って続けていきたい。

 

 

高い志を持って。

 

 

 

Special thanks to 関わってくださった全ての皆様。

 

 

photos taken by Mayu & Kenken

【ベトナムとナイフと湖と旦那】




不定期に更新しているベトナム日記。

 

 

できるだけ読み切りでも読めるように書いていますがぜひバックナンバーも読んでみてくださいうふん。

 

バックナンバーはこちら

1、ベトナムで日本語教師をしてきました(1)

2、ベトナムでおじいさんを轢いた話(2)

3、ベトナムは出会いの宝庫(3)

4、ベトナムの誕生日の祝い方(4)

 

2006年3月3日

朝7:00から1限目が始まるベトナムの大学。

眠い目をこすりながら日本人のさとみ先生のアシスタント。

 

さとみぃは、落ち着いていてとても憧れる存在。

リスニングの授業では、

 

 

「人が持てる重さなの?」

 

と思うほど馬鹿でかいラジカセで

 

 

「何時代に作られたの?」

 

と思うほどきしむ雑音の摩訶不思議なテープで実践。

 

その後は、ハーちゃんという生徒に彼氏を紹介してもらった。

 

とても奇妙に笑う爽やかな彼でした。

(この頃、彼氏がいなかった私は、ジェラシーをむき出しにしていたんだろう)

 

昼食後は、ラオス人のダオちゃん(28歳男)と卓球勝負。

 

勝手に、男って自分より卓球がうまいと思ったけどめちゃくちゃへたくそ。

 

夕食をかけて、相方Susieとダオちゃんと対決。

この辺では無茶苦茶高いという噂のJUMBOのディナーを奢らせよう。

 

いうまでもなく、私が圧勝。ごちでーす!

 

 

卓球の後は、ファンという英語科の女の子が来てひたすら世界情勢、ベトナム、日本について語り合った。

日本人ともなかなかしないような内容の話をして、

途中なんだか何度も泣きそうになり、目には見えないところで繋がった異文化交流を確かに感じることができた。

 

昼過ぎには、1年生14人が迎えに来て、ホアンキエン湖へショッピング!

 

1年生はたった半年しか日本語を勉強していないけど

 

「何が買いたいですか。」

 

「欲しいですか。」

 

「お腹が空きましたか。」

 

とキラキラした目で聞いてくれる。

教科書に載っていた言葉なんだろうけど、彼女たちが話すと命が吹き込まれてとても愛おしく聞こえる。

 

特に、「お腹が空きましたか。」なんて聞かれたら「はい!」と答えるしかない。

 

それが礼儀。

私が24時間お腹が空いていることはこの際置いとこう。

 

 

チャンンティエンアイスクリームというアイスクリンのようなものを食べた。

 

 

倉庫のような売り場で、大人という大人がバイクを乗り付けて買いに来るものすごい繁盛しているお店だった。

 

 

その後、「牛肉枯」という、ビーフジャーキー風のものが乗った謎のサラダを食べたがものすごく美味しかった。

 

 

相方のSusieが残したパクチーも全て平らげたのでいつもながら1.5人前ぺろり。

 

 

夜も、また別の1年生のメンバーでホアンキン湖へ。(元気かよ)

 

ホアンキエン湖周辺は、

なんていうか大阪でいう難波、

東京の渋谷、

みたいな感じで

ギャルな私はマストゴーなプレイスなのだ。

(皆さん、握った拳をお緩めください)

 

 

余談だが、

「ホアンキエン」は旦那の名前と酷似。

 

ベトナムの友達にホアキンという人と結婚したと伝えると必ず、

 

 

「唯さんは、本当にベトナムが好きね。」

 

 

と100%の確率で言われる。

 

 

発音するとどっちかわからないほど似ているから。

 

 

話は戻って、

夜の1年生のメンバーとは夜市へ行き、

 

あろうことか彼女たちに万能ナイフをプレゼントしてもらった。

 

ご存知の通り、私はナイフや鋭利なものが大好きで一時コレクションしていた。

 

 

週末になると京都へ刀展に行ったり、

大学の休憩中は、万能ナイフでりんごを切って近くのギャルに勧めたり(どういうわけか無視されたが)

護身用に持っている手裏剣のせいで何度かテロリストの疑いをかけられたことがあるほどだ。

 

 

「何が欲しいですか。」

 

と聞かれて、万能ナイフを指さすと買ってくれたのだ。

 

 

ありがとう!めっちゃ使ってます!

 

 

さすがに疲れて寮に戻ると、

 

エスパー級のタイミングでダオが登場。

 

 

漢字テストの採点をしていると

ダオが音楽を聴いている。

 

 

「何聴いてるの?」

 

と聞くと、

 

 

 

「シーナリンゴ〜」

 

 

やっぱり椎名林檎だった。

 

 

ものすごく眠かったので腹いせに(?)

 

 

「オレについてこい」

 

という日本語を教えてあげた。

 

 

夢うつつに、ダオは何をどう間違ったのか、

 

 

 

「オレニ〜ウサギ〜」

 

 

と叫んでいた。

 

 

今日も楽しかったです。おやすみなさい。



【最近の変化】

【最近の変化】

 

「イッテコイ!」

 

 

今日も1歳の娘の一言で目覚めます。

 

顔はわりかしキュートなのに発言たるや鬼嫁のよう。

 


ここ東京は、8月に21日間も雨が続いたにもかかわらず、 この10月にも1週間雨が降り続けている。

 

 

気温はいきなり10度も下がり秋丸出しである。

 

最近の変化といえば3つ。

 

 

1、今年の8月から雑誌『サンキュ!』の公式ブロガーを始めたこと。

 

 

思いついたことや、オススメの場所、女磨きについてサクッとかけるので楽しみながら取り組んでいます。

 

 

ぜひぜひ、読んでみてくれたら嗎き(いななき)ます。

 

サンキュ!公式ブロガーNorahyui

 

2、厚労省のエッセイコンテストで努力賞受賞

 

 

授賞式だけ参加しましたが、

最優秀の方々は本当に素晴らしい経験をされ、それを文章にしてしっかり読み手に伝えていました。

 

「耳をすませば」の月島雫の言葉を借りて言うと、

 

「書きたいだけじゃダメなんだ」 ってこと。

 

 

まだまだ経験値があまちゃんなので人生を彩れる経験をこれからどんどんしていこう。

 

 

3、英語の勉強を再開

 

 

もう、一生するんじゃないかな、英語の勉強。

 

 

10月末まで義母がスペインから来ているので午前中は彼女に娘を預けて私はカフェにしけこみ読解力を鍛える。

 

 

単語力の無さに引いてしまう毎日。

 

 

時々、問題の意味さえわからないこともあるw

 

 

「何がわからないのかわからない」って、もはや19歳みたいですね。(偏見)

 

 

そんな19歳の私は(19歳になりたいだけ)、いくつか自分に誓いを立てて勉強に励んでいる。

 

 

a. 「○時〜○時まで勉強」などと決めず、「娘が寝次第勉強開始」

b. 朝6:30〜のお弁当作りタイムは1.5倍速でリスニングを流し聞き

c. 「落ち着ける場所がないと勉強できない」という言い訳をやめる

d. 眠くなったら即やめる これぐらい。

 

 

 

すると昨日変化が訪れた。

 

 

今までずっと苦手だと思っていたリーディングの方が他のセクションより正解率が高かった。

 

 

1週間降り続いた雨の東京、やっと昨日晴れたので太陽をさんさんと浴びながら勉強した甲斐あって気分上々!

 

 

苦手が得意になったとまではまだ到達していないけど、 続けていれば必ず道は開けると痛感。

 

ちなみに、読書にも燃えていて、3日で5冊ほど読んでいる。

 

眠くなったら即勉強をやめて、ブログ、エッセイコンテスト応募、読書、映画に当てている。

 

 

特にオススメなのはピックアップするのでぜひ、やる気出したい、楽しく仕事をしたい、人生を美しく彩りたいという方は読んで見て欲しい。

 

【読書の秋】 この3日で5冊読破を爆走中! 時間がないと決めつけてたけどただの言い訳で「時間は作るもの」と肌で感じてる。 娘が寝たら読書や勉強に当てると本当に楽しく学べる! #千田琢哉 さんの本はいつもやる気をくれる #サンキュインスタ部 #女磨き #読書の秋 #英語のブラッシュアップ #studyenglish #baby #autumn #readbooksinthepark #argentina #baby #spanish #summer # #japan #japanese #internationalfood #internasionalcouple #internasionalfamily #internationalfriends #osaka #blogger #writer #baby #ママリ #tokyo #tokyolife #green #サンキュ公式ブロガー #norahyui #サンキュブログ更新

Norah Yuiさん(@yuimocca)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

 

 

 

この手の本が大好きなのでオススメあったらぜひ教えてください^^

 

この秋、雨も多いし寒いし、ずっとお腹空いてるし眠いですが、

インドアになりがちなこの時期を狙ってこっそり人間力高めてやりましょ!

 

うふん

【ムササビの人生相談コーナー#1 モテ男の落とし方】

【ムササビの人生相談コーナー#1 モテ男の落とし方】

いつも私のブログなんかを読んでくれている暇人の有意義な時間の使い方をしているマイノリティーのみなさん!

 

前々回のブログ(【インスタの苦手投稿を公表します】) で「お悩み相談コーナーを開設する」との一言で早速コメントに悩める子羊さんからご投稿いただいたのでお答えして行こうと思います。

 

相談ケース#1  【モテ男の落とし方】

投稿者:筋肉鍛える根は乙女系女子さん

こんにちは!初めまして!(実は以前もコメントしたことがあるのですが///)
いつも楽しく拝見しています。以前のURLも読んでます~(軽いストーカー)
ユイさんのブログで、元気と勇気と愛を頂いて、日々自己啓発しております!ありがとうございます(^^♪

相談コーナーをお作りになる!とのことでしたので、相談者1号としてコメントさせて頂きました。笑
唐突にすみません。

早速内容なのですが……
人間的にはすっっっっごく尊敬できるのですが、恋多すぎる系スペイン人にたぶらかされてしまった場合はどうすればよいのでしょうか?(早速唐突すぎる内容でごめんなさい)
彼女がいる事を微妙に隠しつつ、ヨソの女の子に熱烈な愛の告白をし、私のことが好きなのか?と思わせる数々の言動動動(明らかにスペイン平均値を超えています笑)
思い切ってすっきゃねん!と告白したら、「あなたのことはすっごい大事なお友だち」と言われてしまいました。
毎日仕事で朝から晩まで一緒にいるので(仕事上ツーマンセルみたいなものです)
翌日から何事も無かったかのようにゲラゲラ笑っていますが正直めっちゃ辛いです。
他の女の子にはデキル所しか見せてへんやろー!ええかっこしいのくせに!ほんとは甘ったれのくせに!このアホーー!!と毎日心の中で首絞めています。(逮捕)
下半身バカwなんか知るか!という反面、二人で培ってきた戦友みたいな家族みたいな関係から、なかなか気持ちを手放せません……
早く立ち直ってイケテル女になる方法がございましたら、ぜひ伝授して頂けないでしょうか?
いきなりドン引かせてしまったら誠に申し訳ございません!
どうぞよろしくお願い致します。

まだまだ日中は暑い日が続いておりますが、ユイさん、ホアキンさん、ユナさん、皆様健やかにお過ごしください♪
私もインスタ&FBの怪我の投稿苦手ですw

 

筋肉鍛える根は乙女系女子さん

相談ありがとうございます!文章から可愛らしさがこぼれ落ちていますね!さてさて、ダメ男スペイン人に恋しちゃって夏、なんですね!

解決方は簡単です。

 

まず、メールアドレスを早急に変更しましょう。

 

彼と連絡が取れなくなるようにするため、ではないです。おそらく今はLINE、Facebook、instagramなど多岐に渡った連絡方法があるので。

 

引き寄せの法則は、ご存知ですか。

自分が妊娠すると急に妊婦さんとよく会うようになったり、ネガティブな発言をするとその通りになったり。

 

あろうことか筋肉鍛える根は乙女系女子さんのメールアドレスにはダメ男が寄ってくるワードが2回も使われていました。

 

スペイン語で「バカ」は”tonto”。このワードが2度も!

 

筋肉鍛える根は乙女系女子さんがスペイン語話者かどうかはわかりませんし、意図的に使ったのかはわかりませんが、潜在的にバカが寄ってくる引き寄せを行ってしまっています。

 

 

ぜひぜひ、素敵な女に君臨したいなら、

 

思い切って

“Iketeruonna.com”とかにメアド変更してみてはどうですか。

 

 

“watashi_igai_minna_busaiku.com”もなかなかパンチがあっていいかもしれませんね。

 

女友達の90%は失うと思いますが、私はこういう女好きなので残ります。

 

 

これだけふざけておいていきなり真っ当なこと言いますが(真っ当ですいませんw)、

 

 

「人間的には尊敬できる彼女持ちの女たらし」を私は人間的に尊敬しませんw

 

 

彼は、おそらく、筋肉鍛える根は乙女系女子さんが自分のことを好きなのを知っていて思わせぶりな態度をとってくるのでしょう。

 

 

日本で有効に通用する「外国人マジック」の貴公子なのかもしれない。

自国にいるときには全然モテないのにネバーランド(日本)に来たらモテ期到来でやりたい放題する人を何人も見て来ました。

 

めっちゃ持論ですが(ずっと持論ですが)、

 

 

やっぱり、

 

インパクト。

 

 

自分の完全なやり口ですが(言い方)、

 

 

かっこいい人には「ブス」

 

 

強い人には「そんなもんか」

 

 

モテ男には「あんたのどこがいいんやろうね」

 

 

 

と言いましょう。

 

 

 

モテ街道を突き進んでる人に周りと同じように褒めたって、「僕のファンの1人」くらいにしか思ってもらえない。

 

 

でも、今までの女と違う観点を持った人を男は落としたいと思う生き物なんです(知らんけど)。

 

 

私は、この手法で超絶なモテ男を落とした経験があります。これはほんま、信じてお願いねぇ(しつこい)。

 

 

まとめると、

 

・メールアドレスをとっとと変更する。

“watashi_igai_minna_busaiku.com”←これに決定でいいですよね?

 

・モテスペイン人のインパクトに残る女になる

 

 

以上です。

 

 

ただ、家族みたいに仲の良い関係だからこそ、「私は彼のことわかってる」「私なら彼を変えられる」という自信があるのかもしれません。

 

そう思っているうちはきっと彼は余裕こいているので変わることもないし変わりたいと思ってもいないと思います。

 

 

インパクト残して、振り向いてくれたら振ってやりましょう。

 

 

そういう男は付き合えても、おそらくあなたの知らないところで女を口説きまくると思います。女の影を心配する関係はストレスがえぐいです。ハゲます。ズルムケます。筋肉鍛える根は乙女系女子さん筋肉鍛える根は乙女系ハゲさん(もはや妖怪)にならないように願っています。

 

こんなふざけたブログに
ご相談ありがとうございます!

これに懲りずに本ブログをよろしくお願いいたします!



【インスタの苦手投稿を公表します。】

【インスタの苦手投稿を公表します。】

 

「さぁ、文章を書くぞ!」

 

 

夫と娘を置いて意気揚々とスタバへきました。

 

 

まさかの。

 

 

パソコン禁止令。

 

1人でも多くの人にくつろいでいただけるように

混雑時の12時〜17時は、

 

パソコン

タブレット

読書目的でのタブレット使用

お仕事

以上が禁止らしい。

 

うっそ〜〜〜〜ん。

 

 

そうやんな〜

勉強したかったら図書館とかあるもんな〜。

 

1杯のコーヒーで何時間もおるとか採算会えへんもんな。

 

 

夫が飲食店で長いこと働いてたので

長居する場合はドリンクのおかわりとか必ずするようにしている。

 

でも、そういう人だけじゃないもんなぁ。うふん。

 

リュックに入っているMacをひた隠し、

私はコーヒーを飲んでchillしに来ました感を必死に醸す。

 

 

ちなみに、

ビーチとかオープンテラスでくつろぐ写真をインスタに

“Chill”ってあげる投稿苦手です。

 

 

ちなみに”chill”とはスラング英語で「くつろぐ、落ち着く」みたいな意味である。

 

 

パリピ臭がする。

 

 

ゴリゴリの日本人でchillとかいう人、すぐにいじります。待っててください(笑)

 

 

そんなわけで私はなすすべなく、

 

 

ふりさけみれば、世田谷の空。

 

 

 

みたいな時間を過ごしています。

 

パリピ風に言うと、

 

 

#世田谷の空の下でchill

 

あぁ〜苦手。w

 

 

あと、個人的にですが

・アラサーの無駄に谷間を強調した投稿

・体温計の投稿

・怪我の投稿

 

 

これがもうすごい苦手です。

 

怪我の投稿された瞬間、結構な率でフォローを外すことがありますw

 

 

私もだいぶイタイので、ほんまどの口が、ですが愛してたって好みはある。うふん

 

 

 

報告なんですが、

 

 

ちょっと前からこのブログで閲覧数をカウントするようになりました。

 

 

この2ヶ月に一番読まれたのは、

 

 

三重県のB級スポットを巡った記事

 

763ビュー

 

 

でもおととい書いたヤバイ女の記事がなんと2日で426ビュー突破で2位に踊りでました。

 

 

どっちもふざけた記事やのに述べ1,189人が読んでくれたみたいで嬉しい。

 

たぶん、身内が一人100回くらい読んでる可能性大。

 

 

これからの目標は、

 

 

「超絶おもしろいブログ NAVERまとめ」

 

 

でまとめられることです。

 

 

基本、人をまとめたいタイプですが、

この件に関してはまとめられたい欲が発情しています。

 

 

また、今後

お悩み相談コーナーもブログで展開してほんまにためにならないアドバイスしていきたいので、

お悩みがある方ぜひコメントしてください。

 

 

では、もうしばらくスタバでchill。

憧れてるやないか



【この場を借りて、あるヤバい女を全力でご紹介します】

【この場を借りて、あるヤバい女を全力でご紹介します】

前々からやりたかった「人物名鑑シリーズ」をいきなり始めようと思います。

 

ただただ私が自分の周りの面白い人間を勝手にピックアップして勝手に紹介していくなんとも自己満足なコーナーです。

 

私の大切な親友の中に、ヤバい奴がいます。

 

実名を出します。

 

彼女の名は「しょうこ」。

 

しかし、私のiPhoneには「泥棒」と登録しています。

 

 

Macbookと連動させているので

 

「しょうこ」と入力すると食い気味に「泥棒」と変換されます。

 

しょーこ(以下、泥棒)

 

 

なぜ彼女が泥棒かは追って説明します。

 

 

彼女との出会いは、14歳の頃、初めて通ったダンススールでした。

 

彼女は2つ下の小柄な女の子。

 

当時は、控えめに踊る彼女を勝手に「おとなしい女の子」と思い込んでいました。

 

 

それこそがただの大間違い。

 

そこで、私は「雪絵」という、常に声が酒灼けしている(無飲酒なのに)鈴木紗理奈みたいな女の子と仲良くなりました。

 

その泥棒は、そのいとこだそうでみんなですぐ仲良くなった。

 

月日が流れ、

 

2007年、私が22歳の頃3人で憧れのロサンゼルスへ留学することになった。

 

 

1部屋を3人で使い、ボロ雑巾のような毛布で毎日暖を取っていました。

 

 

その部屋の構造、今考えたら酷くて。

 

 

部屋の窓の鍵はぶっ壊れており、

つっかえ棒でロックされ、

キッチンには小さなゴキブリがいつもいて、

なんなら幽霊もいて(隣の部屋に住んでいたゲイが言ってた)、

私たちの部屋には2段ベッド1つ、マットレス1つがあるだけ。

 

 

今考えても、全然懐かしくないし、二度と帰りたくない部屋でした。

 

でも、不思議とLAでの生活は最高に楽しかった。

 

 

3人で初めて暮らす半年間。

 

 

毎朝の目覚めからすごい。

 

起きて一発目のビジョンが毎日これ。

PaintedFeet01 / Pixabay

 

私の顔にいつも他者の足の裏がへばりついています。

 

犯人は、そう、泥棒。

 

2段ベッドあるのになぜかマットレスでいつも一緒にボロ毛布と寝ていた私と泥棒。

 

 

その時20歳の彼女は、そろそろ寝相マスターしてもいい年やのに

寝相がしこたま悪い。

 

寝相年齢10ヶ月。

 

 

毎日、小さなボロ毛布は彼女に剥ぎ取られ、

朝になると彼女の足の裏は私の右ほほを貫く。

 

それでも私と彼女は頑なに一緒の布団で寝ていた。

 

 

今考えたら私は相当のドMだったに違いない。

 

毎晩、消灯後はこんな感じ。

claudioscott / Pixabay

※眠っています

claudioscott / Pixabay

※眠っています

Maza_Fight_Gallery / Pixabay

※眠っています

PaintedFeet01 / Pixabay

※目覚めました

 

こんな毎日。

 

毎日、寝ているのにK.O.負けで今考えたらあんな奴と寝ていたのか不思議でしょうがない。

慰謝料欲しい。

 

 

私たちは、自分たちの貯金で留学したため、まぁお金がなかった。

 

食事は全て日本から持ってきたもので自炊していた。

 

ラーメンの汁をガチでじゃんけんして取り合っていた。

 

泥棒は、無料のものをなんでも盗んでいました。

 

たまにいくマクドでシュガー(使わなかったもの)、ナプキン、マスタード、ケチャップ、

全て自分たちの分ですが、日本にいたら置いて行くようなもの。

 

車で移動が多かったのですが、LAは日差しが強くて。

 

クーラーをつけず、窓全開。

 

そして彼女は毎回大きいトラックの隣を走るようにしていました。

 

「影、盗も。」

 

そう言って、日焼け対策にトラックを利用していました。

 

 

それから、私には泥棒にしか見えない。

 

そんな泥棒でも、ダンスはめっちゃくちゃうまい。



ほんまにすごい。

小柄な彼女は腕をぐっと伸ばして大きく見せるダンスが素晴らしく、コンプレックスを自分の武器にするスペシャリスト。

 

 

amoというエンターテイメントクルーに所属していて、可愛いグループ名なのに

 

a  あ〜

m めっちゃ

o  おもろい

 

の略だそうです。

そんな名前誰が考えたんや!と思ったら、雪絵ちゃんと私でした。思い出した。

 

amoのメンバーは、勝手に生まれる前から私の赤子を「amoちゃん」と呼んでいる。

 

Nooomeというチームも組んでおります。

勝手に大好きな動画載せます。

サムネイルで三つ編みセンターの子が泥棒です。コラ

 

彼女は、私の夫と同い年で誕生日も1日違い。

同じ星座で誕生日が近いと性格も似るようで、

私は時々、夫といるのか泥棒といるのか区別がつかないくらい彼らにシンパシーを感じることがしょっちゅうある。

 

泥棒も泥棒で、

「私は、唯ちゃん(私)か、ホアキン(夫)と結婚したい。」と断言し、

 

 

「どっちかが死んだら、どっちにしても私が犯人やから。家族に伝えといて!」

 

と弾けんばかりの笑顔でサイコパスなこと言ってた。

こわこわこわ

 

でも、めっちゃくちゃ友情に熱くて。

 

 

私が怖い思いをしたらすぐに駆けつけてくれるスーパー女!

 

前の家で恐怖体験をした時に、

 

DIYした槍(やり)を持って現れた時はランボーかと思った。

 

参照ブログ:『思いやりと重い槍』

 

 

2011年からチャリティー団体立ち上げて東北支援をダンスを通じてやってるんですが、彼女もずっとその主要メンバー。

 

冷めてるように見せて実は一番熱いもの持ってて、

チャリティーイベントの帰りにはこんなことを言ってた。

 

 

私は、今まで正直、チャリティーとか全然興味なくて。

 

でも、今日募金活動してみて、私たちのこと知らん人がどんどん募金してくれて、

募金箱の重みが、いろんな重みに感じて。

 

梅田で、義足で募金してって言ってる人おって。

実はその人たちって前からおったんやなって。

みてなかったの自分やなって。

でも、この活動するまで見えてなかった。

それが今回、だんだん見えるようになってきた。

 

 

そんな話してくれてなんかもう、

 

 

#抱きしめていいですか

 

 

(唐突なハッシュタグ)

 

 

私の姪の「らん(鬼畜)」とのコラボもすごいのでぜひ読んで欲しい。

参照ブログ:『お久しぶりです。唯の姪のらんのお話。』

 

 

彼女は、まだ私が上京した事実を受け止めきれていないようで、

今日、訳のわからないお手紙が届きました。

※ゆな(娘)

 

 

まだまだ彼女にハマりそうです。

 

 

amo

 

あ〜めっちゃおそろしい!

 



【もしかしたら「草食男子」はあなただけに向けられた幻覚かもしれない】

【もしかしたら「草食男子」はあなただけに向けられた幻覚かもしれない】

 

上京して2ヶ月が経過しました。

 

もう東京弁は完璧です。嘘です。

 

夏真っ只中ですね!恋したいですよね!

 

駆け抜けたこの2ヶ月、経験したことやここで出会った様々な人、生後11ヶ月のモテ女(娘)から学んだことをシェアして行きたいと思います。

 

1、やらないよりやる方が確実に良い

Pezibear / Pixabay

 

・あざとくても可愛く

石原さとみさんって知っていますか。

あの人、ほんまに可愛い。あざとくても可愛い。

顔が石原さとみじゃなくても、仕草や愛嬌で女の伸び代は無限大。

ほとんどの女の子って、「こうやったら可愛いんやろうな」っていうのは遺伝子に組み込まれてるんです(知らんけど)。

それを、「やるか」「やらないか」は雲泥の差。

 

・ちょっとした気遣い

気づいたら即行動しましょう。

私はなるべく上座を譲るようにします。

デキる人は必ず、「ありがとう」か、「だめ。奥どうぞ」と譲り返してくれる。

デキる人との食事はすごく心地いい。

 

今は、娘とバギー移動が多いので友達と道路を歩くと、気がついたら絶対に内側にしてくれている。そういう女に限ってただの美女。心も美女。

 

・偽善と思われたくないとか意味のわからんプライドを捨てる

電車で席を譲るとか、倒れている人に声かけるとか、なんか「偽善者と思われそうで声かけられない」みたいなしょうもないプライドを捨てよう。

東京に来て、この電車のマナーに対するストレスがだいぶ減った。

席めっちゃ譲ってもらえるし、バギーのスペースもあけてくれる。

妊婦の時、気づいたのに私を無視してキャッキャしてたカップルの彼女、絶対結婚できへんなって本気で確信しました。NOROI

 

・褒める

シンプルに、「いい」って思ったら褒める!

これ、結構できてないこと多くないですか。

私の統計上、褒めている人は「褒められる」!

*褒める→相手の良いところに目がいくようになる→褒め返される→自分に自信が出る→もっと自分を磨く行動をする→*へ戻る

 

「言おうと思っててん〜」って、何それ?

生まれた自分の気持ちを大切にしてあげてほしい。

 

2、とりあえず今の体重から5キロ痩せてみる

Pexels / Pixabay

 

私の統計上、5キロ痩せた瞬間から人生が変わりだします。

断捨離したり、食生活をちょっとずつ変えると時間はかかりますが着実に減ります。

私は、産後16キロ痩せました。

母乳だから比較的楽に痩せましたが、

手帳には、「3月末までに48キロ」と具体的な数字を記し、

毎週200グラムマイナスした理想体重を日曜日のコマに書いていました。

 

現在、娘は乳離れしたので自力で体重キープしないといけない。

食べるものが変わって、夕飯に白いご飯を食べなくなった。

昼にウェイトを置いた食生活。

毎日平均7キロは歩く。ひどい時は12キロw

 

今、自分がぽっちゃりであると自覚があるなら騙されたと思って5キロ痩せてみてほしい。

 

「痩せた?」って友達に聞かれるたびに、

めちゃくちゃ嬉しいし、もっと頑張ろう!綺麗になりたい!というやる気しか出ない。

 

3、色眼鏡を外す

Pezibear / Pixabay

私は、目がバカになっています。昔から太っていて、痩せたり太ったりを繰り返し、「地球上の自分以外の人間は全員痩せている」ように見える目になってしまいました。

 

また、自分の痩せて見える角度でしか自分を見ない癖が付き、9キロ太った時もしばらく気がつかなかった。

 

おそらく、自分の根性が太ってたんやな。

 

以下の項目に2つ以上当てはまる人は今すぐ5キロ落とすことを下半期の目標に組み込んでください。

・あまり写真に写りたくない

・似合うと思って買った服が似合わない

・男っ気がない

・シンプルに体重計に記された数字の破壊力がえぐい

・鏡に映った自分が太りすぎて誰かわからず、毎朝「君の名は。」てなる

 

4、美女ほど努力している

StockSnap / Pixabay

びっくりします。私の出会う美女の友達ほど、お休みの日はヨガやトレーニングをしています。彼女らは言います。

「楽して綺麗になれるはずがない」と。

 

根性デブの私は、

・あの子は胃下垂やから

・体質が痩せてるから

・「何もしてない」って言ってたから

 

と、本当に何もせずぶくぶく太っていました。

 

脳みそに贅肉がついていたんでしょう。

 

断言する。

「何もしてない」って言う人は、「(自分の思うレベル以上のことは)何もしていない」のです。

↑ここ、期末に出ます。

 

努力して当たり前の人は目標も高いので、彼女たちの中では「何もしていない」のだ。これを鵜呑みしたらとんでもないことになる。

 

 

5、「草食男子」はあなただけに向けられた幻覚

Free-Photos / Pixabay

これです。

最近の男はナヨナヨしている。

草食系だ。

など随分前から言われていますよね。

確かに、昔よりはそんな傾向はあるかもしれない。(知らんけど)

 

でも、本当にそうでしょうか。

男って正直な生き物。

2人でいても何も起こらないっていうのは果たして、相手だけの問題なのか。

自分が男だったとして、ほんまに自分みたいな女と付き合いたいだろうか。

まずそこを疑っていってほしい(誰やねん)。

 

草食男子が増えた→ほんまか?

奢ってくれない、あいつはケチだ→奢りたい!って思うほど自分は楽しい相手だったか

おもしろくない→自分の話は面白かったか

 

 

人生ってエンターテイメントやから(急に何)、やっぱりその場を全力で自分もエンターをテイメンたら何かに発展すると思います。(知らんけど)

 

6、結局何が言いたいかって

stokpic / Pixabay

幸せは、自分で掴みに行かないと待ってても何も降ってこない。

出会いを求めてパーティーに行っても、カシオレ持って突っ立てるだけじゃダメなんです。

 

声をかけられるくらい魅力的でいること、

声かけられたら面白い引き出しを常備しておくこと、

次に繋がるミステリアスな部分も残すこと。

 

チャンスが来ても、掴んで離さないこと。

 

 

私は、奇跡的に結婚できたのですが(誰がミラクルや!)、

私の周りで超夫婦円満で楽しそうな人たちは、

 

女性からプロポーズしている人が多い。

 

私も、無人島に連れて行ってプロポリました。

 

 

「彼氏がなかなか言ってくれない〜」

 

え、もう自分から言うたら?ってなる。

 

 

もう、夏も終盤やけど、秋は秋で出会いの季節、冬も冬で恋したい季節!

 

 

何かの参考にしてくださいうふん。

【毎月目標を掲げて生きていこうの巻】

【毎月目標を掲げて生きていこうの巻】



Life is short.

 

 

It has passed about 10 years since I graduated from university.

 

 

However, I still retain ardent passion for learning!

 

 

人生は短い。

 

大学を卒業して10年になるが、私は今もなお向学心に燃えている!

 

 

なんでいきなり英語やねん。

と思ったと思いますが、日々無理くり英語に触れていないと忘れるんだよウフ。

 

 

クリエイターの友達が毎月の目標を記していてとても人生楽しそうなので私もやってみよう!

彼のブログ、ほぼ酒に溺れていますがとても面白いよ!

観音クリエイションブログ

 

1、ブロガーデビュー

実は、ひっそりと雑誌『サンキュ!』公式ブロガーのオーディションに合格し、近々正式にブロガーとしてデビューすることが決定しました!

記事を書くのはまだ先やけど、みんな!応援してくれよな!

 

2、モデルをする

なんかしらのモデルをする!カットモデル、ママモデル、被写体モデル。

東京で楽しそうな撮影あればお声がけください。村人Aでもすごい意気込みで行くよ⭐︎

過去のモデル写真

 

3、英単語を100個覚える

 

geralt / Pixabay

単語力がミジンコクラスです。

勉学時間は決めずに、娘が寝た瞬間から英語スイッチに切り替えて勉強します。

1日3.2個ずつ覚えたらいい。いける!

 

4、1週間1冊本を読む

最近ご無沙汰な読書。近くに最高の本屋さんがあるのでトレンドな本からきになる本を探してKindleで読み漁る!

今気になっているのはこれ!

 

5、もっと家をシンプルに

ざっくりですが、最近「青」が好きなんだと実感している。

選ぶ食器や家具が青いことが多い。選ぶ服もデニムや白が多い。

夏だからでしょうか。

このごちゃごちゃが大好きな私がシンプルに目覚めるなんて。

 

6、絵を描く・デザインをする

完成や腕が鈍るので要所要所で絵を描いたりデザインを継続していこう。

 

明日からこの目標で8月も継続していこう!

継続は力なり!

 



【「大は小を兼ね」ない】

【「大は小を兼ね」ない】

大は小を兼ねるとは、大きいものは小さいもの代用として使える。 小さいものより大きいもののほうが使い道が広く役に立つということ

故事ことわざ辞典

 

「大は小を兼ねる」という言葉が

あまり好きではない。

 

少し前の私なら違ってた。

 

 

同じ値段で大きいものがあるなら迷わずそちらを選んでいた私。

 

しかし、今はなんでも「サイズ感」があっているかどうかが豊かに生きるポイントなんだと気付いた。

 

 

おしゃれな人は、高いものをふんだんに身につけている人ではなく、

 

「自分にぴったりのサイズ」

 

のものを知っているかどうかだ。

 

 

大きい方がいいじゃん!って思って買っても、

結局サイズが合わなくて新しいものを買い直したり、

大きい芋を買って結局使わず腐らせたり。

 

 

合わないと思ってるのに利益が大きいからって

好きじゃない人と無理やり付き合ったり。

 

 

好きなガム、噛みたくない?

 

 

勢い余って私の中のブルゾン佐々木が出て来てしまいましたね。

 

 

しかし、目標はでっかくていい!

 

でかい分、小さい夢を丁寧に達成することが大前提やから。

 

 

時々こんなことを考えながらシャワーを浴びております。

 

 

なんでこんな話をするかというと、

サイズの合わないものを選んでいるとほんまに目がバカになってくる。

 

 

2014年、私はめちゃくちゃ太ってて。

 

今から10キロくらい。

(妊婦でもないのに)

 

そのとき、体重計さえ持っていなくて鏡を見ても太ってる自覚さえなかった。怖。

 

 

母にそんなとき聞いてみた。

 

 

「私って、太ってる?」

 

 

すると母は一言。

 

 

 

 

「ローマは、一日にしてならず。」

 

 

 

最強に震えましたね。

 

 

 

今、その頃に履いていたズボンを履いてみるとあまりの大きさに再度震えた。

 

 

統計上、

 

人は5キロ痩せたら人生が変わる。

 

 

周りに「痩せた?」と聞かれてもっと頑張ろうって気になるだけではなく、

 

体が軽くなってフットワークも軽くなり、

 

自分の可能性にどんどんアンテナが張れる。

 

 

 

とか言いつつ、私も授乳が終わったのでガチで体重をキープしないと私の中のローマが成し遂げてしまうので頑張ります。

 

 

さ、ご飯作ろ。