【33歳にやりたいこと】


本日、33歳になりました。

小さい頃抱いていた33歳の大人のイメージと実際の自分のパリピ具合にギャップがありすぎて実感がゼロです。

 

まさか、自分が東京に来て専業主婦になり、早いスパンで二児の母になる準備をしているなんて数年前は想像もできませんでした。

 

しかし、変わらぬことは家族で「挑戦し続けて来た」ということ。

 

娘の出産が大きく影響して、それまでのモノ・ヒトを断捨離し本当に好きなことに集中することで心が喜ぶ毎日になっている。

 

どんな大金持ちにも、アスリートにも、私のようなパンピー主婦にも時間だけは平等に与えられている。

時間はお金より尊いし、貯蓄もできない。

そう考えたら、お金持ちより時間持ちの私はかなりリッチなんだ!と気づいたのだ。

いただいた時間を有効活用し、自分版「33歳にやりたいこと」をここに記そうと思う。

 

1、無事に出産を終える

7月に第二子が産まれる予定。産まれるまでは何があるか分からない。私も命がけ。この一大イベントを成し遂げる!

 

2、48キロになる

身長160cmの私が痩せてオシャレが楽しくなるラインがここかなと。見た目的にも「わがままボディ」から「愛されボディ」になってやる。我が子らのためにもしっかり運動、バランスの良い食事を心がける。

 

3、シンプリストになる

「ミニマリスト」より自分には「シンプリスト」の方がしっくりくるのでやってみようと思う。まずは「足し算」より「引き算」をしつつ。

模様替えも、買うのではなく、色を差し引いいてみたりシンプルを心がけるようにするとすごくスッキリ。節約にもなるし、エコ。地球にもお財布にも優しい女になろう。

 

4、再就職する

主婦を1年近くさせてもらいました。正直、超楽しい。一番は、娘との時間が十分にあり、夫のことも支えられ、心の余裕もある。好きなこともできる。

しかし、野望が生まれている。

仕事もしたい。家族で新たな道を挑戦するにしても共働きだと金銭的にも余裕ができる。

第二子にも溢れんばかりの愛情を与えられるように余裕を持った働き方重視で自分のキャリアもキープしたい。

・大学事務

・留学関係

・大使館関係

この辺りで働けたらいいなと模索中。

 

5、Good vibes only

いい雰囲気、モチベーションの上がる人と付き合っていく。ネガティブ、怪しいビジネス、オーラが暗い、文句が多い、なんか嫌って思う人とは今後も付き合わない。自分がしんどくなるだけでなく家庭にも悪影響なので高め合える人と付き合う。

 

6、クリエイティブになる

自分が欲しいものってなかなか出会えないことがあるので自分で作れたら最高ですよね。美味しいって思うもの再現できたり、服もリメイクして自分仕様にしたり。クリエイティブ力を上げていきたい。

 

8、100冊読破

1週間1冊読書生活を実践しているけど、実際、週に2冊読んでたりもするので脳と心に栄養与えるように34歳までに100冊読めたら最高。

ちなみに今読んでいるのはこれ

これを掲げて楽しく33歳を謳歌していこうと思います!
ちなみに、友達にもらったプレゼントが画期的すぎてぜひご紹介したい。
ヨーグルトの消費量がすごい我が家。
牛乳とヨーグルト1つで1リットルのヨーグルトができる最高の家電。
しかもめちゃくちゃうまい。
幸。
楽しい1年になりますようにうふん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です