【性教育の講師として授業をした内容を晒すぜ!】


オッス!オラ、まだ妊婦!

残すところ予定日まで11日となりました。

今朝は、私のいい女満開の母が

「気晴らしに出かけておいで!」と娘を2時間ほど預かってくれました。

 

YEAH!!

 

娘と姪っ子のために「借りぐらしのアリエッティ」を借りに行き、カフェで英語を勉強することに。

 

 

しかし、最寄りのカフェは「分煙」。。。

タバコの臭いに敏感な私は、禁煙でないと臭いが気になって仕方ない。

そして少し歩き、めっちゃ老舗の純喫茶(最近全面禁煙になったらしい)へ行き快適に英語を堪能。

飲み物も美味しいし、くせになりそううふん。

 

さて、妊婦な私は、この時期にアルバイトの依頼を受けることがある。

 

それは、

・「妊婦さんとの交流」授業のレアリアとして

・性教育の講師として

 

母が看護学校で講師をしていることから、妊娠するたび読んでいただけるのだ。

 

小さい頃から母の性教育を直々に受けて来た私は行きた教材なのだw

 

(特に)夏休みに入る前の学生さんに知ってほしいこと満載なのでその内容を晒すことにした。

※あくまで個人の見解です※

 

1、事前情報として

・スペイン&アルゼンチンミックスの夫と国際結婚

・元日本語教師兼日本語学校広報マネージャー

・大阪出身、現在東京在住

・第一子1歳9ヶ月

・第二子2018年7月18日出産予定(現在妊娠38週)

 

2、夫と付き合って間もなくHIV検査

「HIV検査を受けてほしい」

当時、ヨーロッパから海を渡って日本に留学した彼と付き合いだした私。しょっぱなに言われたのはそんな言葉だった。

ヨーロッパでは1年に1回HIV検査をするのが当たり前らしく、私はそれまで受けたこともなかったのでなんだか恥ずかしくなった。早速、自分のためにも彼のためにも受けよう!と、

大阪なんばのchotCAST というところへ受けに行った。

無料な上、匿名で検診でき、2時間ほどで即日結果を教えてくれる優れものなサービスだった。

結果は陰性で、彼に胸を張って報告することができた。

真剣に交際したい相手だからこそ、ちゃんと言ってくれてよかった。日本人でHIV検査をしたことがある人って(そういう話にならないだけかもやけど)ほとんど出会ったことがない。

日本でもこれが当たり前にならないとな、と痛感した。

愛する人ができた時にちゃんとこういう話ができるって大切。

 

3、ふたりの将来のため完璧な避妊対策

当時留学生、私は日本語学校へ転職したて。二人の将来のためにもベストなタイミングで妊娠したかったので避妊を徹底しました。

コンドームでの避妊成功率は80%

単純に10回セックスしたら2回は妊娠の可能性があるってこと。病気の心配はお互いないことはわかっていても、毎月生理が来るか不安なのは結構ストレス。

そこで私は低用量ピルを併用することに。

生理痛が重く、不定期だった私はそのストレスからも解き放たれた。1〜2キロ体はむくんだ。

★低用量ピルの服用を終えて3ヶ月後には妊娠することができた。

 

4、結婚3年目で第一子妊娠

夫が就職したこと、また私が目標としていたキャリア形成が構築した頃を見計らってピルをやめて子作りへ。

日本語学校立ち上げメンバーとして働いていた私は、周りに迷惑をかけたくなかったので事業がある程度軌道に乗ったところでできるだけ細かいマニュアルを作成して産休へ。

計画的に妊娠することで十分な準備ができた。子供ばかりは授かりものだけど、できるだけ周りへ迷惑をかけず祝福されて産休に入りたかった。

 

5、妊娠&出産は「痛い・怖い・”キイテナイヨ〜!”」の連続

特に出産は超孤独。自分しか成し遂げられない。自分の痛みは自分にしかわからない。それでも、家族が真摯に付き添ってくれて手を握ってくれて助産師の母も的確すぎる神対応をしてくれて産むことができた。

ああ、でもあと2週間後またあの痛みがやって来ると思うとやっぱり怖い。みんな、オラに力を!!

しかし、それ以上の幸せが待っている!娘に早く会いたい!

 

6、結婚・子育ては不自由??

最近では、結婚や子どもを持つことに消極的な若者が増えてきているようです。そらそうですよね、仕事・家事・育児・待機児童問題・子育てに優しくない環境など。。

不安はつきません。

しかーし!

「結婚・子育ては不自由??」

という問いに答えは

NO!!!

私は、子供がいることでの「自由」を痛感している。

夫とも、「子どもを言い訳にするのはやめよう!」と話し合っていたのでそう感じないようになった。

★子供がいることで危険回避をする癖がつき、自ずと自分たちの安全も守られるようになった。

★子供がいることで視野が広がる。

妊婦さん、子供がいる方、ハンディーキャップのある方、お年寄りなど、どうサポートすれば役立てるか、公共施設や公共機関がどのようにサポートしてくれているかをより実感できるようになった。まず、何より「本当に優しい人」を見分けられるようになった。w

★キーポイントは「自分を諦めない」「圧倒的な準備をする」ということ

子供がいるから…と言って学ぶことを諦めない。やりたいことを諦めない。両親がエンジョイしていない人生を子供たちもエンジョイできるわけがない!

そう話し合い、私たちは娘が9ヶ月の時に東京へ移住し、夫は大好きな仕事に転職、私は勉強をして第二子の出産を終えたらキャリアアップをした仕事に転職予定。

国際結婚をしたことで、私たちには日本・ベルギー・スペイン・アルゼンチンに家族がいる。その彼らに子供達を会わせたい。去年は生後半年の娘を連れてベルギーへ。

家族の一人は足が悪く杖生活。それでも娘に会うために過酷なリハビリに耐え、綺麗な笑顔を見せたいと歯を全て直してベルギーに会いにきてくれた。

家族の活力がみなぎるパワーを赤子は持っている。

次の目標はスペインだ!

 

このような内容で20分ほど看護学校で授業をさせていただきました。こんなパンピー妊婦を授業に呼んでくれるなんて嬉しい限り。

 

みんなが素敵なパートナーと出会って、正しく性病について知って避妊してベストな時に子どもを授かれるようにと思い晒しました。

もちろん、あくまで個人の見解ですので、いろんな人生があっていいと思うし、選択の自由がある時代だからどんな選択をしても自分や大切な人にとって幸せにつながるようになれば嬉しいです。うふふん

 

 

そろそろ汗っかき妊婦はドロッドロなので風呂に入ってきます!

いつ来るかわからない陣痛にプルプル震えているのでみんな応援してくれよな!

 

これを読みたい。

 


【性教育の講師として授業をした内容を晒すぜ!】」への4件のフィードバック

  1. 松井 正美 says:

    パワー注入❗️❗️❗️
    出産て凄い大変やのにあの痛み忘れて(いや、忘れてはない)また妊娠したくなるのは何故?語弊あるかな?我が子が欲しくなるのは何故?
    いつも楽しく、そして前向きな気持ちになるのでめっさ、メッサ読んでるよ😘
    子供って最高❗️成長しても最高です❗️いつも底力もらってる感じかなぁ(笑)
    きっと第二子に会えたら、もっと元気なるで❗️
    パワーアップした貴女に会いたいです。

    1. Musasabi says:

      まっちゃん〜〜〜!!!元気ですか〜〜〜??^^めっちゃ嬉しい!!!
      ほんま、痛いの怖いけど、それ以上に楽しみってもう自分はドMとしか思えないww
      あと約1週間で予定日やからもう早く会いたい^^
      今は第一子との時間をふんだんに楽しむ^^
      長居に寄れたら会いに行くね〜!!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です