【エッセイコンテスト入選〜私の日常は、誰かの夢かもしれない〜】


私の日常は、誰かの夢かもしれない

ハロー!垂乳根産婦です!

 

出産前に私はいろんなところに種を撒き散らしていました。

 

1つ、芽が出たのでご報告。

去年も参加した「働くこと」をテーマとしたエッセイコンテスト。

 

入賞とはいかなかったので悔しいですが、

 

佳作として選んでいただきました。

 

娘がまだ小さいので授賞式に行けるかわかりませんがここで内容をシェアしたいと思います!

 

テーマ:2. 働くこと・職探しを通じて学んだこと

 

題名:「私の日常は、誰かの夢かもしれない」

 

そう感じたのは今年の春のことだった。

私は3年前からせいがん日本語学校というところで学校スタッフとして勤務している。

 

そこには、15か国もの国から日本語を学ぶためにいろんな留学生が来る。

 

「小さな地球という名の教室」を作りたいと始めた小さなちいさな日本語学校。

 

その名の通り、1つの教室には様々なバックグラウンドを持った留学生が日本語を共通語にして世界を学ぶ。

 

 

私はそこで、日本にいる彼らの「先生」であり、「日本のお姉さん」の役目を担っている。

 

さまざまな国からの留学生には毎日驚かされるばかりだ。

 

 

国によって状況はまちまちで、つくづく「日本の常識は世界の非常識」だということを痛感する。

 

バングラデシュの学生が通っていた大学は、選挙のたびに暴動が起き休校になる。

 

ラオスの学生の出身地、ビエンチャンにはビルが一つもない。

 

ロシアの小学校は3年しかなく、韓国の高校生は午前1時まで勉強する。

 

そんな日本では考えられない「現実」を彼らに教えてもらう。

半年に一回、卒業式と入学式があり、

30歳を超えたあたりから私は卒業式で司会なのに泣きじゃくることが増えてきた。

 

前回の卒業式で、私はこんなことを泣きながらみんなに伝えた。

 

「正直、遅刻すんなよ、休むなよってみんなにムカつくことあったけど、

人間は悪いことから先に忘れていくから、今はみんなとの楽しい思い出しかありません。

大好きなみんな、みんなは家族やからまた絶対帰っておいで」

 

グスグスともらい泣きをする学生を見てまた私ももらい泣きを逆輸入。

 

すると、卒業式の後、在校生のベトナム人学生がキラキラとした目で私を訪ねてきた。

 

「先生、私、夢ができました。私は、先生のような女性になりたい。

先生のような情熱を持ってできる仕事をしたい。ベトナムには日本に留学したい人がたくさんいます。

そんな人たちに、私も情熱を持ってチャンスを与える架け橋になりたい。

先生の涙でそう強く思いました。」

 

私の涙腺がさらにゆるまったのは言うまでもなかった。

この情熱が、学生たちに伝わっていたことも心から嬉しかった。

 

彼女の言葉で気付けたこと、

 

それは

 

「私の日常は誰かの夢である」

 

 

ということ。

 

 

なんとなく過ぎてしまう毎日があったり、業務が立て込み、ストレスもたまって

 

「もうやめてしまいたい!」と思ったりすることもある。

 

しかし、自分が今いる場所がキラキラとした「夢」の結晶であることを改めて感謝することができた。

それから4か月、私はもうすぐ産休に入り母になる準備をする。

 

この学校で学生たちに与えた愛を次は我が子に与える番だ。「母親になること」は私の夢の一つだった。

 

これから始まる新たなステージ。

 

辛くなった時は思い出そう。

 

 

「私の日常は誰かの夢」

 

 

そして、母親になることは、

 

ずっと叶えたかった「自分の夢」だということを。

 


【エッセイコンテスト入選〜私の日常は、誰かの夢かもしれない〜】」への14件のフィードバック

  1. Kaori says:

    素敵ですね!私もよく似ている仕事をしていますが、最近忙しさで大事なことを忘れていたように思います。

    個人的にご相談したいことがあるのですが、この場では難しいので、何か連絡方法がないかなと思っています。

    産後でまだ大変な時期なのに申し訳ありません。

    1. Musasabi says:

      Kariさん
      コメントありがとうございます^^どんなお仕事されてるんですか?
      このコメント欄、私が承認しない限り公開されることはないのでここに書いていただけたら大丈夫ですよ^^

    2. Kaori says:

      返信ありがとうございます。ありがたいです。
      いつもなんか個人情報を勝手に覗いているようで、申し訳ないような、後ろめたいような気持ちで、でも楽しく読ませていただいています。

      私は小学校の教師です。
      12年目になります。
      夢や希望を語れない人は先生になるべきではないと思います。
      でも、実際にいます。サラリーマン先生が。。

      ですが。私も。。
      毎日疲れ果てて、大事なことを見落としているなと感じることやそうだ!そうだ!と賛同する内容の話を読んでエネルギーをもらってます。

      偶然にもここを見つけたのは、スペイン人の彼がいるからです。
      国際結婚を考える時に先駆者に伺う方が早いと思い、調べていました。

      私は5年前まで、大阪で教師をしていました。今は徳島で同じように教師をしています。縁があってスペインの方と出会いました。

      こちらの方で込み入った、質問をして大丈夫ですか?
      日本語学校の先生、スペインの方と結婚されている。それでお伺いしたい事があります。

      良ければ相談に乗ってください!

      お母さんになるってすばらしいんだなと、改めて感じています。

      母は強し‼︎ですが、身体には十分気をつけてくださいね。

      1. Musasabi says:

        そんなことないですよ^^私も読んでいただいてすごく嬉しいので是非何か参考になることがあれば本望です!
        教師をされているんですね!
        私は、今まで出会った先生のおかげで夢を持って、目標を達成して人生を過ごすことができました。
        小学校の先生の影響力は素晴らしいものだと思います。
        合わない先生もいましたが、私は子供なりに「好きな部分を見つける努力」をしていましたww
        時代がすごく変わって、先生としての仕事も制限だったり、周りの目だったり、子供とは関係ないしがらみが増えてきますよね><

        スペイン人の彼がいるんですね^^
        私でよければ相談に乗りますよ^^

        1. Kaori says:

          ありがとうございます。

          しょうもないことですが、夜遅くまで幼子を引き連れてる親、他の人のことを考えず自己主張してくる親。。家庭には家庭の状況があるとは思います。が

          職場とは別のとこで見かけるだけで、どっと疲れが出てしまいす。

          あー世も末。。

          だから、お節介かもしれませんが、自分と出会った子どもには色んな事に気づける人になって欲しいなと種を蒔き続けています。
          遺伝子には勝てない部分もありますが。。

          私事ですが。。
          スペイン人の彼です。今、スペインでエンジニアをしています。就労率がかなり低いスペインですが、夜勤で仕事に頑張っています。

          結婚を考えますが、夏休み冬休みの短い期間に一緒に生活したことしかありません。
          短い期間でもケンカしました。一方的ですが。。私はムササビさんのように英語が堪能でなく、問題が起こると感情を英語で説明するのが難しいです。言語じゃない部分で感じ取ってくれています。。

          一番ベストなのは、1年ぐらい同棲をしてみて、一緒に苦楽を共にできるか試してみれたらなと。

          彼は日本で生活したいという夢があります。1年間の休職を取る事ができるようです。
          そこで、生活を共に、そして日本語の勉強をしたいと考えています。

          しかし、徳島には日本語学校がありません。公共機関の語学クラスはありますが、VISAの発行はしていません。フリースクールみたいな感じでボランティアの方が日本語を教えてくださいます。JETのALTの方もそこで勉強しているようです。

          徳島に住みながら、留学VISAを取る事が出来ないか調べています。

          また、他の方法がないか調べています。
          1 徳島に住む。
          2 1年間の滞在にVISAが必要
          何か良い方法があれば教えていただきたいです。

          もうどうしようもなければ、結婚してしまうっていう手も。勢いが必要です。。

          赤ちゃんどんどん大きくなってますね。目がクリクリ‼︎
          自分は育てる自信が無いけれど、母になるとその自信が備わってくるのかなと少し母になりたい気持ちにもなってきました。(年齢的に難しいですが)

          あたたかい方だから同じような人達が集まってくるんですね。毎回、心があったかくなります。

          1. Musasabi says:

            わかります!
            Kaoriさんのように、自分のことのように子供の心配をする方が増えたらいいのにって思います。電車に乗っていても、「え、その育て方大丈夫?」って思う親いっぱいいますよ!そう思って当たり前です!

            スペイン人の彼、就職率も低い中頑張っているんですね!
            エンジニアっていうのは、IT関係とかですか?
            フリーランスで現地の収入を日本で得ることができたらベストですね!
            徳島には日本語学校がないんですね><初耳です。

            例えば、本校の学生がしていたことですが、日本文化を学ぶビザを取得して日本滞在を延長しているケースがありました。
            http://visas-japan.com/visa/culture.html
            調べてみたらこのURLに詳しい情報が掲載されていました。
            習字、花道、茶道などを学ぶ目的(収入をともなわない学術の研究)を主とするビザです。
            このビザを取得すると、1年は日本でのビザが取れると思います。
            しかし、同棲されるとなると十分な貯金もしくはアルバイトが必要かと思います。
            留学なら週28時間以下の労働は「資格外活動許可」を取ればできますが、文化活動は下記のように記されていました。

            「文化活動ビザ」:個別許可(勤務先・仕事内容を特定):個別に決定
            学ぶ内容によって入国管理局が決定するようです。

            彼氏さんに、十分な貯金または、十分な収入のある経費支弁者がいることが不可欠です。
            もしくは、例えば同棲期間を6か月にしたらどうでしょう?
            日本ースペインなら90日はノービザで滞在できます。
            90日を過ぎる前に韓国にわたり、再入国するなどすればまた90日新たに滞在できます。
            しかし、これを何度も繰り返すと入国管理局からマークされるので半年が限界かと思います。

            私は、旦那との結婚を決めてからゆったりやっていたので半年かかりましたが、友人カップルは短期滞在中の90日以内でビザを取得できたそうです。
            ちなみに、私は旦那と同棲して2か月ですでに「この人と絶対結婚する!」と確信しました。
            カップルによりますが、意外と早くピン!と来るかもしれません^^

  2. Kaori says:

    たくさんの情報ありがとうございます。

    彼は産業ロボットの組み立てや修理をしているので、休職するとお給料はないと思います。お金をがんばって貯めているようです。

    文化活動VISAも調べました。それは、スペインで活動していなくてもこちらに来るために取れるものなのですか?
    大学の先生に付いて学ぶとかいうのを見つけてから申請しないといけないんですかね。
    手順が分からず、入国管理局にも連絡してみましたが、何をしたいか具体的に決めないとお伝えできないと言われました。
    さすがに結婚するのにお試しで同棲したいなんて言えず。。

    行政書士の方にも聞いてみました。
    どこの会社か忘れてしまったのですが、100万ぐらい払えば、文化活動を月1、大阪か東京で行えばVISAを出してくださるようです。
    その法律事務所が経営している大学がしているので、金額はそこそこいります。。

    活動報告も出していただけるので、6ヶ月ごとの申請も含めて100万だそうです。。毎回大阪に行くお金もかかりますもんね。

    お金がかかりますね。。

    この夏休みに1ヶ月一緒に過ごしましたが、英語をもっと頑張らないとなって思っています。夏休みなので仕事は学期と違いゆとりがありましたが、いつも自分だけの生活がご飯つくったり、洗濯したり時間が限られてる中でしないといけないので、イライラしてましたね。
    僕は子どもじゃないんだから、心配しなくてもオムレツぐらい作れるよと慰められました。

    もちろん、一人でご飯を食べるより二人の方が楽しめるし、楽しいことはたくさんありました。

    彼がスペインに帰ってから、やはりなんかぽっかり穴が開いて。毎日忙しく自分の事で手いっぱいですが寂しいなぁと思います。

    彼はスペインで日本語を独学で勉強してます。仕事をしながらも学んでいて、尊敬します。

    ムササビさんは自分の夢の為に睡眠を削って語学学習して、アルバイトもして、しっかりと幼い時から力をつけていたんだなと感じます。

    こんな歳になっても、コツコツと続けることが苦手な私は本当に甘い。

    最近よくそう思います。子どもたちに言いたがら自分に言い聞かせています。
    一緒に頑張ってる感じです。子ども達によって、先生にしてもらってる感じです。

    ご主人とは運命だったんですね。こちらの中にもご主人の素敵なところがたくさん見られます。

    文化活動VISAについて何か違う情報があったら教えてください。

    頑張ってる方のお話を聞いて私も励みに頑張ります。

  3. Kaori says:

    http://visa-immigration.net/info/cultural-visa-requirement/
    ここでも見てみました。やはり文化活動VISAも簡単じゃないですね。
    大阪ならたくさん日本語学校かあるのに、残念です。
    徳島の近くでいうと車で1時間半かけて高松や神戸まで行かなければなりません。

    試しに6ヶ月がいいかもしれませんね。
    職業上、自由に休みが取れないので結婚となっても、なかなか簡単に申請にいけないと思います。
    計画的に動かないとですね。

    1. Musasabi says:

      文化活動ビザの申請をしたことがないのですが、外国人がいきなり文化活動ビザを取るというのも確かに難しいことかもしれませんね><
      たいていの場合、留学でくる場合の方が多いです。
      入国管理局の審査はもちろん厳しいのですが、親身になって教えてくれる方も多くいます。
      また、不正に働いたり犯罪を犯す可能性のある外国人を水際で止める使命があるので、審査は厳しいですが、一度日本でのビザを出すと「内の関係」になるので審査は緩和されるような印象を受けます。
      もちろん、彼氏さんはちゃんとされた方だと思うのでお金の面がクリアできればビザは通ると思います。
      行政書士の値段、そんなに高いんですね!!!
      私も、結婚の時にめちゃくちゃ調べましたし、経験者に話を聞いたので一切弁護士や行政書士を通しませんでしたが意外とできました。

      徳島で日本語学校がないのが残念でなりませんが、重複しますが下記の選択肢を候補としてあげるのはどうでしょう?

      1、文化活動ビザを取る
      2、日本語学校に遠くても通う
      3、短期滞在ビザで日本に滞在する(90日)
        90日で「この人!」と思ったら一度海外(韓国等)に出て次の90日を結婚準備に充てる。
        お仕事の関係で平日にお休みするのは難しいかもしれませんので、休み日(夏休み、冬休みの時期)を狙ってやる。

      ただ、自分が毎日働いていて、ただ彼が家にいるというのも喧嘩の原因になると思います。
      (私も、旦那の求職中にはイライラしたものですww)
      半年、短期滞在ビザでいるにせよ、日本語のフリースクールに通うなど「することを持った滞在」をすることを強くお勧めします!
      結婚するにしても、日本で暮らすことを考えているなら日本語を話せないと就職も難しいです。

      私も、誘惑に負けて勉強をコツコツ続けるのがなかなか難しいのですが、本を読んでモチベーションをキープしています!
      彼と話すために言語を頑張る姿、素晴らしいです!
      経験上、「話さないといけない状況」が一番語学が伸びます!私は、昨日まで義母がスペインから来ていたのでこの数ヶ月でずいぶんスペイン語がわかるようになりました^^
      ぶっつけ本番でやってみるもの学べるものですよ^^

      1. Kaori says:

        もー本当に親身になって相談にのってくださり、ありがとうございます。

        なんだかすごく頑張ろうって気持ちがメラメラしています。

        私も自己啓発本を必死に読んでいました。仕事ができる人の睡眠術 とか 。。
        内容を覚えてませんが。。泣

        今は荒れた学級請負人の先生の本を、4月から5冊ほど読み進めてます。
        まだ終わってません。

        彼にも相談してみます。

        図々しさ加減加えて、もしも、もしもですよ。よければお会いしたいです。

        ただ、今は子どもさんが小さくてなかなか動けないと思いますので、もしも大丈夫になったらお会いしたいです。

        私は徳島に住んでいますが、よく大阪、京都よりですが寝屋川、枚方に先生の友達がたくさんいるので、遊びに行きます。

        良ければその時にでも。
        三連休も日曜日に行こうと思ってます‼︎

        ありがとうございます。
        また、相談させてください。

        1. Musasabi says:

          気持ちがメラメラしてくださって嬉しいです!!
          読書ってほんまに大事ですよね!
          最近読んだ本でよかったのは、『減らす技術』レオ・バボータ著が面白かったです!考え方のシンンプル化を教えてもらえます^^

          今日は大阪にいらっしゃるんですね!
          私の体も回復して、落ち着いた頃に会いましょう^^
          私でよければまた相談してくださいね^^

          1. Kaori says:

            「減らす技術」ですね。
            時間をつくって読んでみたいと思います。

            教育書ばかりでは狭い狭い人間になってしまいますね。

          2. Kaori says:

            お身体変わりありませんか?
            少し肌寒くなってきましたね。

            先日、香川県の穴吹カレッジ 日本語学校を見てみました。

            徳島から電車で1時間ぐらいです。

            ただ受講資格に日本語検定N5程度または同等とありました。

            スペインの彼はこんにちは、さよなら、程度の日本語しかわかりません。

            ここは難しいですかね。日本語を学びに行くのにこんな感じなのかびっくりしました。

            一番近くでお金もかかりにく方法を考えていましたが、難しいのかと残念に思ってます。

            電話で当専門学校に伺ってみようかと思います

          3. Musasabi says:

            こんにちは!
            母子ともに超健康です!Kaoriさんはお元気ですか?

            日本語学校見つかってよかったですね^^
            あくまでも私の学校のケースでしかアドバイスできませんが、正直そこまで問題ないと思います。
            N5を受験資格として設定しているのは、「本当に日本語を学ぶやる気があるのか」を入国管理局や日本語学校が判断できる材料にするためです。
            日本人の考え方で行くと、全く話せないのに留学するっていうのは不自然なようで^^;
            でも、欧米人の方はもう全くひらがなも読めない書けない状態でくる人が多いですし、
            実際本校にも結構います。
            私たちはやる気と人間性を大切にするので、書類選考ののち、私が英語で面接して校長にも通訳をしてskypeなどでまず面接します。
            しかもスペイン人なので審査はそんなに厳しくないかと思います。
            JLPT(日本語能力検定試験)の申し込みは9月30日で締め切りしているので、
            NATテストとかJTESTを受けてもらってはどうでしょうか?
            来年4月の入学予定だと、日本語学校申し込み締め切りは11月中旬ごろだと思うので
            N5レベルの試験を受験予定という意思を表すことも大切です。もちろん、彼にはそれなりに勉強してもらって^^
            その受験票の写しも添付すれば、仮に落ちてしまっても審査を有効に働かせることになると思います!

            まずは、電話で問い合わせが一番ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です