彼との関係がうまくいく12のおきて。


男は、おわれれば逃げる。

逃げれば追ってくる。

  この心理を理解しておこう。 そんなの100も承知だろうが、実際自分の恋愛になると忘れてしまいがちである。   私が最近、旦那と大喧嘩した後に悟りを開いた話をしようと思う。

異性との関係ってほんまに複雑で悩みがちなことが多い。

でも、これを読んで1個でも参考になれば本望である。

 

 

1、彼の趣味を理解する。

 

smallworldprj

 

私の趣味は、苔鑑賞。    旦那の趣味はオンラインゲーム。

私の家は「ゲーム」というものを一切してきていない一家なので、

 

「ゲーム=時間の無駄」

 

という概念で彼の趣味を理解できずにいた。

でも、私が世界遺産を観に行っても、世界遺産の写真は撮らず、

苔の写真を数十枚撮ってくる事を理解させようとしても不可能である。

こんなに幸せそうに楽しんでる趣味を奪ってはだめ。(下図参照)

彼がゲームしている間、私も思いっきり趣味に没頭できる自分時間を捻出しよう。

smallworldprj    

2、相手の世界を大切にする。

 

自分といる以外の彼の世界、

彼の交友関係を理解し、 遊ぶに行く事に寛大になること。

信頼関係が確立されていることが大前提だけど、

旅行、女友達と遊んだり、 夜遊びにいくといっても、

「はいはいいってこ〜い☆」ぐらいの寛大な心で受け止める。

冒頭にもお伝えしたように息ができない程の束縛をすればする程、

男は逃げていきます。

※もちろん、浮気したら縛り首にする事は事前に伝えておいてあげましょう。

 

3、自分自身が忙しくなる。

 

相手に執着してしまうときって、自分の場合「暇」な時が多い。

自分が、彼に相手してほしくて、でも彼は自分の世界に忙しくて。

「すれ違ってる」と錯覚してしまう。

しかし、自分も自分のしたいことを持って集中してると、

気づいたら相手から寄ってくる。

女性もそうなように、男性も何かにがんばってたり、

自分の世界を持っている女性を魅力的だと感じるのではないだろうか。

 

4、恩着せがましくならない。

 

「あなたのことを考えてこれだけのことをやってあげてる!

 

という態度・言葉は相手を萎えさせます。

彼からすれば 「いや、頼んでないし…。」 なんてことになります。

もちろん、家事や、相手のためを思っての行動は2人で分担しなくてはいけませんし、

バランスが悪いと被害妄想が爆走してあなたはヤクザな対応になるでしょう。

でも、ヤクザになる前に、

「するって決めたのは自分の選択」ということを念頭に置いておこう。

感謝されればラッキーぐらいの軽い感じで思っておいた方が自分が苦しくならない。

うちは、相手が得意なことを任せるようにしています。

私は洗濯、彼は料理。。といった案配。

 

5、相手の友達にも会うようにする。

 

私は、先日この項目で大失敗をぶっこきました。

彼に、「僕の友達と馬が合わなくても、 会ってくれる努力をしてほしかった。」

とこの前言われてしまいました。

確かに、旦那はいつも私の友達を大切に思い、 会いにきてくれます。

ここは「相手の世界を大切にする」という項目に繋がると思います。

 

6、プチサプライズを決行する。

 

小さいサプライズをしてみましょう。

彼は、私の仕事が繁忙期のときは花を一輪かって駅で待ち伏せしてくれます。

私は、彼の好きな飲み物やケーキを買っておいて「じゃじゃーん!」と出したり、

職場の近くを通ったら一緒に帰ったりする。

ちっちゃくていいから、不定期に相手を驚かせてみましょう。

smallworldprj

7、マッサージ・耳かきをし合う。

 

私の旦那はヨーロッパの人だからか、「耳かき」がないらしい。

綿棒はあるけど、

「耳の穴を掘る」

という体験は奇想天外らしく、 ものすごく気に入っていた。

また、彼は立ち仕事のため夜に帰ってくる頃には風呂も入れない程疲労困憊。

毎日でなくてもいいので、

多忙な日々が続いたらボディクリームでマッサージをしてあげましょう。

蒸しタオルで肩をもんであげると、ものすごく感謝してくれます。 なんなら自分がしんどい日は逆にマッサージをしてくれます。

 

蒸しタオルの作り方:

①タオルを準備

②全体を濡らす

③軽く絞って、ジップロックに入れる

④電子レンジで40秒ほどチン。

⑤袋から取り出して適温に冷まして出来上がり。

これを肩に乗せてあげるだけでも癒し効果絶大。

もし、お返しにマッサージをしてくれなかったり、

「やってくれて当たり前」の態度をとってきたら、それ以上しなくていいです。

彼も「やってあげたくなる彼」でいることが大前提。

 

8、一度したことを「意地」で続けない。

 

「前はやってくれたのに・・・」

と言われたくないから、すっごく自分も疲れてるのに朝ご飯を用意したり、

マッサージをしてあげたり。。

できないときは、しなくていいです。

大前提は自分が「したい」と思う事。

 

完璧な妻・彼女でいたいからというエゴで続けても、

 

「恩着せがましい女」になるだけです。

人間は変わりゆくものです。

だからこそ「不変」のことを貫こうとする傾向があります。

旦那が「前はしてくれたのに・・・」って言うなら、

「1秒前は過去です。人間の70%は水でできているので潮の満ち引きのようにかわりゆくものだ。」

といった、哲学的なことを言ってはねのけましょう。

 

※もれなく、「あ、絡みづらいな。」と思ってもらえます。

 

 9、毎日「愛してる」と言いましょう。

 

そったらこと、シャイな日本人にできるかい!

って思うかのしれませんが、「できます。」

 

「愛してるって最近言わなくなったのは、あなたを本当に愛し始めたから」

 

とか私にとっては全く理解できない。

いや、前までは理解できてたけど、

自分がいつ死ぬかも、相手がいつ死ぬかも分かれへんから、

生まれた感情はその日に伝えたらいかなと。

 

一抹の不安がよぎるのも分かります。

 

・重いと思われるのではないか。

・相手が調子乗るのではないか。

・相手が「愛してる」と返してくれないのではないか。

・欧米か。

 

重いと思われるのが怖い方は、「愛してるっぺよ!」と

茨城弁を交えてチャーミングに攻めましょう。

 

相手が調子乗る可能性がある場合は、「調子乗んなよ。でも愛してるっぺよ!」と、

やっぱり茨城弁で攻めましょう。

 

相手が愛してると返してくれない場合もありますが、

「愛してる」って言ってほしいから自分が言う的な下心をそもそも持たないように。

その下心があると、バレます。

バレると、相手は萎えます。

あくまでも、自分から愛があふれてしまったときに発しましょう。

 

欧米か、と思った方。 いいえ、欧米ではありません。  

 

 10、相手が見えなくなるまで手を振りましょう。

 

これは、恋人・夫婦だけではなく、友達と別れるときにも言える事です。

自分が振り返ったとき、

相手が見えなくなるまで手を振ってくれていたり、

見送ってくれているひとは心に残ります。 特別になります。

私は付き合ってる期間も結婚してからを含めても2年弱になりますが、

 

これは欠かしたことがありませんし、欠かされた事もありません。

 

11、自分の世界を大切にする。

 

項目2で、「相手の世界を大切にする」とお話しましたが、

自分の世界も大切にしましょう。 自分の世界を持っている女性は輝いています。

逆に、旦那や恋人の事ばかりに気をとられて集中している女性は、

 

相手との関係が悪くなるとどん底まで落ちてしまう傾向にあります。

自分の趣味、友達、教養を大切にすることを忘れず輝き続けてください。

 

私の場合、絵や国際交流、社会貢献を大切にしています。

 

Norah Yuiとして個展やポストカード販売をしています。 smallworldprj http://chiruda33.wix.com/norahryhthmix

 

国際交流(コスプレパーティー)@https://www.facebook.com/pages/アトカフェ-HAKONIWA-Gallery-ハコニワギャラリー/1398368193712774?fref=ts

smallworldprj

 

社会貢献:East Japan RE: project (東日本復興支援団体) 代表として活動しています。 smallworldprj http://reproject.web.fc2.com

12、「オンナ」であり続ける事。

 

どれだけ付き合いが長くなっても、 気が許せる間柄であっても、

「オンナ」であり続けてください。 適度に男性である彼に頼って強がらない。

 

目のまえで決してオナラしない。

相手がテンションのあがる寝間着を用意する。

ぶりっ子をしろとは言いませんが、かわいげのある女性でいつづける。

変化のあるオンナであり続ける。

相手がジャージでも、出かけるときは自分はすてきな服を着る。

 

 

以上が私が最近、悟りを開いて感じたことを綴ってみました。

 

参考になれば嬉しいです。

 

キーポイントは、「相手を尊重する」「同時に、自分も尊重する」ということだと思います。

 

人間同士ですから、複雑な感情がいりまじってお互いを傷つけ合うこともあります。

 

でも、オンナの余裕という印籠をかざしてやりましょう。

 

 

鍵盤叩きすぎて肩バッキバキなんで今日はここまで!

 

写真:苔チェックの図 smallworldprj


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です