【ベトナムは出会いの宝庫(3)】


ものすごく気まぐれで書いているベトナム日記。

読み返すと、胸が締め付けられるのになぜかコミカルに描いてしまった私の関西人根性をどうにかして!

 

バックナンバーはこちら

1、ベトナムで日本語教師をして来ました。

2、ベトナムでおじいさんを轢いた話。

 

2006/2/27 Mon

初めての授業見学!

 

フエ先生に連れられて行ったクラスでは、

「THE 昭和時代の転校生が来た時のざわざわ感」が漂っており、

目が合うときゃーっと言われたりジャニーズ気分の私。

 

漢字の授業では「全然」を「全全」と教えて入りでちょいちょいお直ししたり。

 

休憩時間には、交流の時間ということで教室に放置プレーされ、

アレヨアレヨと私たち(私とSusie:もう一人のアシスタント)の周りに人だかりができ質問攻め。

 

会話に詰まったらとりあえず「森のくまさん」を熱唱させられ、

もはやFUJI ROCK状態。(なめんな)

 

お昼は、ブンチャー(地鶏肉団子入りつけ麺)を食べてからカラオケに行こうということに。

 

クラスのほとんどが集まってくれて約20人で宴会。真昼間。

 

とにかく、すごいシステムで。

 

1、歌いたい曲を歌本から選ぶ

2、番号をメモに書く

3、謎のお兄さんに手渡す

4、謎のお兄さんが部屋の外から中の機械で歌を発信

5、我ら熱唱

 

この5ステップがアナログすぎてさっき食べたブンチャーをなんども吹き出しそうになる。

 

カラオケも、全員が全曲を全力で攻める!全全全せ!

 

私とSusieはド上座に腰掛け、ピスタチオを渡され、水を注がれ、女たちは舞い踊り、間違いなく竜宮城だった。

 

気分の乗った私は、調子に乗ってABBAとか歌って見たけど、

まさかの13点。

 

今日が金曜日ならジェイソンに首をかっ切って欲しいところだった。

 

そうこうしていると次の授業になり、

先ほどくすねたピスタチオをちょいちょい摘みながら全力で学ぶ(こら)。

 

夕飯は、お惣菜屋さんでたらふく食べた。

それでもわずか48円。

スペック高い。

 

2006/2/28 Tue

こっちに来て、味噌汁ダイエットをしているが一向に効果がない。

さて、今日は初の教壇に立つ時!

クイズを盛り込んで、聴解の授業。

2クラスを周り、毎度のことながら質問ぜめ。

 

一生懸命、教室の端で練習してから

「先生はいつベトナムへ来ましたか?」

ってキラキラの笑顔で聞いてくれる。

 

それがたとえ本日5回目の質問だろうが、初めての顔で新入社員ばりにハキハキ答える。

 

授業を終え、昼は我が家の看板作り。

 

・日本語、英語話せます

・ダンス教えます

 

みたいな内容も付け加え、オープンな空間を目指す。

すると、すぐに南原清隆似のナンちゃん(男)と猫背椿似のファンちゃんという4回生が訪問してくれた。

 

2人は、近くの運動場で4回生のサッカーの試合があるので見に行こうと誘ってくれた。

 

こういうお誘い大好き!

 

私は猫背椿のバイク、Susieは南原清隆のバイクの後ろに乗った。

 

信号待ちで、

「ベトナムでは男と女、どっちが強い?」と何気なく質問して見た。

 

すると、

猫背椿は、

 

「ベトナムは、男女平等で仲が良いですから、

 

女は男をあまり大事にしません!」

 

 

そう吐き捨て、ナンちゃんがぽかんとしていたが信号が青になりその真意は闇に葬られた。

 

すると、プレイする一人に昔付き合ったY君という男に似たベトナム人がいた。

 

すごくサッカーが上手いので彼を心の中で「テクニシャン」と名付けた。

 

ベトナムは、アジアなだけあって、似た友達にしょっちゅう会う。

その度に私は不可思議なニックネームをつけて友達を増やしていった。

 

その私の後ろでSusieは半裸のマッチョサッカーチームに目を奪われていた。

 

 

そして、夕方、

偶然にテクニシャンと大学でばったり!

日本語も英語もほとんど話せないけど、なぜかカフェに行くことになり私・Susie・テクニシャン3人でバイクに乗り(違法)カフェに行ってたくさん話した。

 

最後には、

アドレスもないのに私にe-mailアドレスを聞いて来た。え。

 

 

寮に帰ると、

たち先生という日本人のイケメン先生が隣の寮に住むラオス人3人を連れて来た。

 

ラオス人は、ちょっと垢抜けていて、

遠目に見たらDA PUMPかと思った。

 

こっちに来て10ヶ月なのに、たち先生はラオス語をほぼ完璧に話していた。

 

 

出会いが多い一日で楽しかった!

 

ここは男女平等なので男を大切にするのはやめよう!w


【ベトナムは出会いの宝庫(3)】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です